アルバイト採用・育成に役立つ人材市場レポート「アルバイトレポート」 > 資料ダウンロード > 平均時給レポート > 平均時給レポート2010年7月号

平均時給レポート2010年7月号

アルバイトの全国平均時給から地方・業界別平均時給まで。アルバイト採用の参考になる情報をお届けします。

概況

全国の平均時給998円
(前月990円、前年同月973円)
■ 全国-6月平均時給~998円。前月比8円、前年比25円の増額
 2010年6月の全国平均時給は、998円(前月990円、前年同月973円)で、前月比8円の増額、前年同月比では25円の増額となり、7カ月連続で前年同月を上回りました。職種別にみると、販売系・運輸職系が前年比・前月比ともにプラスとなっている。
■ エリア別-6月平均時給~関東エリアは全職種で前年比プラスに
 2010年6月のエリア別平均時給は、関東エリアが1,071円と最も高く、次いで東海エリア(980円)、関西エリア(970円)、北海道エリア(816円)、九州エリア(813円)となった。対前年増加率は、九州エリアが-1.7%と2009年10月以来のマイナスとなったものの、関東(4.6%)、東海(2.9%)、北海道(0.6%)の3エリアでプラスとなり、全体では2.6%のプラスとなっている。特に関東エリアでは全職種がプラスとなるなど、時給の改善基調が見られる。
■ 職種別-6月平均時給~販売系・運輸職系・事務系が増加をけん引
 2010年6月の職種別平均時給は、専門職系が1,212円と最も高く、次いで運輸職系(1,042円)、事務系(1,021円)、サービス系(988円)、販売系(970円)、技能・労務系(959円)、フード系(921円)と続いた。
【 解説:業界担当営業より 】
~ コールセンターの時給が上昇、派遣法改正の影響も ~
コールセンターの時給UPの要因は以下の2点が考えられる。

まずは、北海道と九州での求人ニーズ上昇に伴う時給の引き上げだ。大手コールセンター各社が、不況下における利益確保のため、首都圏や関西圏にあったコールセンターを地代や人件費が安価に確保できる地方(九州・北海道・宮城など)に移転している。この動きは昨年から活発化しており、案件数増加に伴って時給も引き上げられている。

次に、派遣法改正議論の影響を受け、派遣ではなく直接雇用で採用を行う企業が増えていることが原因だ。特に、成長分野である保険販売やインターネット通販、テレビショッピングなど、これまで求人媒体を利用していなかった分野の企業も求人媒体を利用した直接雇用に動いている。直接雇用での採用にあたり、各社は即戦力となる人材の確保のため、比較的時給水準の高い派遣の賃金と同水準で採用を行う傾向にあり、このことが時給上昇に影響しているのではないだろうか。

(SA営業統括部 マネジャー 大村 智一)

詳細資料のダウンロード

平均時給の職種別詳細、平均時給推移グラフをダウンロードし、ご利用いただけます。

ダウンロード(平均時給レポート)

応募数を増やしたい!

応募改善記事一覧はこちら

面接率を上げたい!

面接改善記事一覧はこちら

採用成功したい!

採用成功記事一覧はこちら

定着率を上げたい!

定着改善記事一覧はこちら

お役立ち資料ダウンロードLIBRARIES

一覧はこちら

平均時給レポート

最新の平均時給レポートはこちらから無料でダウンロードできます

労働市場データ

最新の労働市場データはこちらから無料でダウンロードできます

雇用契約書等ひな型

雇用契約書などのひな型はこちらから無料でダウンロードできます

ポスターテンプレート

求人ポスターのテンプレートはこちらから無料でダウンロードできます

セミナー・イベント情報SEMINARS AND EVENTS

一覧はこちら