アルバイト採用・育成に役立つ人材市場レポート「アルバイトレポート」 > 資料ダウンロード > 平均時給レポート > 平均時給レポート2013年7月号

平均時給レポート2013年7月号

アルバイトの全国平均時給から地方・業界別平均時給まで。アルバイト採用の参考になる情報をお届けします。

概況

全国の平均時給974円
(前月969円、前年同月979円)
■ 全国 – 平均時給 974円。前月比5円の増加、前年比5円の減少
 2013年6月の全国平均時給は974円(前月969円、前年同月979円)で、前月比で5円の増加、前年同月比では5円の減少となった。前年比マイナスは10カ月連続。また、「an」に寄せられた求人数(anエリア、anセレクト、anレギュラーの3サイトの掲載合計数)は前月比+2.8%、前年同月比+17.8%だった。
■ エリア別 – 関東エリア、9カ月ぶりの前年比プラス
 2013年6月のエリア別平均時給は、関東エリアが1,032円と最も高く、次いで関西エリア(962円)、東海エリア(959円)、九州エリア(838円)、北海道エリア(830円)の順となった。対前年増加率は、北海道エリア(+0.9%)、関東エリア(+1.0%)、九州エリア(+0.2%)の3エリアでプラスとなった。関東エリアが前年比プラスとなるのは2012年9月以来、9カ月ぶり。
■ 職種別 – 「フード系」18カ月連続前年比プラス
 2013年6月の職種別平均時給は、「専門職系」(1,119円)が最も高く、次いで「運輸職系」(1,084円)、「事務系」(1,013円)、「技能・労務系」(981円)、「サービス系」(973円)、「フード系」(939円)、「販売系」(903円)と続く。  対前年増加率は、18カ月連続でプラスとなった「フード系」(+0.9%)をはじめ、運輸職系(+1.6%)、技能・労務系(+0.4%)でもプラスとなったが、4職種でマイナスとなり全体では-0.5%となった。
【 市場動向 2013年4月~6月 】 ~ 人材確保に試行錯誤する飲食店 景気回復の影響 各所に
 1~3月に続き、人不足のアルバイト市場。求人数は過去最高水準で推移している。特に採用が難しく時給の高騰が続くフード系では、飲食店が既存のスタッフの定着率を高める施策を模索したり、過去の就業者に再雇用を呼びかけるなど、人材確保に向けた取り組みが増加。また、景気回復の影響などから人材ニーズの高まりが各所で見られる。商業施設などの販促イベントが増加し、会場設営スタッフや警備スタッフの求人が増加。ボーナス商戦やお中元シーズンに向けた、配送や仕分け・梱包スタッフなどの需要も拡大している。そのほか、消費増税前の需要拡大を見込み、自動車工場の製造スタッフのニーズも高まっている。

詳細資料のダウンロード

平均時給の職種別詳細、平均時給推移グラフをダウンロードし、ご利用いただけます。

ダウンロード(平均時給レポート)

応募数を増やしたい!

応募改善記事一覧はこちら

面接率を上げたい!

面接改善記事一覧はこちら

採用成功したい!

採用成功記事一覧はこちら

定着率を上げたい!

定着改善記事一覧はこちら

お役立ち資料ダウンロードLIBRARIES

一覧はこちら

平均時給レポート

最新の平均時給レポートはこちらから無料でダウンロードできます

労働市場データ

最新の労働市場データはこちらから無料でダウンロードできます

雇用契約書等ひな型

雇用契約書などのひな型はこちらから無料でダウンロードできます

ポスターテンプレート

求人ポスターのテンプレートはこちらから無料でダウンロードできます

セミナー・イベント情報SEMINARS AND EVENTS

一覧はこちら