アルバイト採用・育成に役立つ人材市場レポート「アルバイトレポート」 > 採用Q&A > 連絡がつかない人への賃金はどうすれば良いですか?

福利厚生・労務・その他

その他

連絡がつかない人への賃金はどうすれば良いですか?

働いてもらった分の給与は、仮に本人が勝手に辞めてしまったとしても、雇用主には支払いの義務があります。もし、本人と連絡がつかず給与が支払えない場合、振込先が分かっていれば、給料日に振り込んでおくべきでしょう。

そうでない場合は、本人がいつ取りに来ても支払えるようにしておく必要があります。労働基準法第115条で、賃金支払の時効は2年とされていますので、この間に本人が取りに来た場合は、支払う義務があります。