アルバイト採用・育成に役立つ人材市場レポート「アルバイトレポート」 > 課題解決ノウハウ > 面接関連 > 面接辞退、採用辞退を防ぐ! 応募者を逃がさない対応集

面接辞退、採用辞退を防ぐ! 応募者を逃がさない対応集

依然として人手不足が続く採用市場。せっかくの貴重な応募者に面接をすっぽかされたり、採用を辞退されたりして、なかなか人を雇えない……と頭を抱える店舗も珍しくありません。しかし、それは応募者に逃げられるNG行動のせいかもしれません。今回は、飲食店を中心としたコンサルティング業務を手がけるアンドワークス代表の加藤雅彦さんと、シニアコンサルタントの武笠彰範さんに、採用活用での対応例を教えてもらいました。

応募者は希望勤務先の何をチェックしている?

加藤さん(左)と武笠さん

加藤さん(左)と武笠さん

加藤 近年、「時給」や「勤務地」はもちろんのこと、「成長できるか」「やりがいはあるか」「楽しく働けるか」といったことを重視する求職者が増えてきています。採用か否かを決める立場のお店は、一見「選ぶ側」に見えます。しかし、求人件数が求職者数を上回っている2014年12月現在、求職者がお店を選ぶ形になっているのが実情。求職者に選ばれないお店、つまり“逃げられる店舗”は、いつまでも人手不足に悩むことになります。

武笠 では、応募を決めた求職者がアルバイト先でまず注意して見るのはどこでしょうか? 答えは、お店のリーダーである「店長」です。なかでも、次のような店長の行動はしっかりとチェックされていると思ってよいでしょう。

求職者は、店長のここを見ている!

  1. 応募時の電話(メール)対応
  2. スタッフへの接し方
  3. 面接中の発言
  4. 採用通知の仕方

1.【応募時の電話(メール)対応】応募者も大切なお客様として接すべし

加藤 “選ばれる店舗”と“逃げられる店舗”の明暗を分ける1つ目のポイントが、応募時の電話(メール)対応です。ここで応募者をがっかりさせれば、応募辞退や面接辞退、あるいは面接のすっぽかしが起こります。

NG

求職者「あの、求人を見て連絡しました。応募したいんですけど……」

店長 「(バタバタしながら)今、忙しいからかけ直してくれる!? ごめんね!」

第一印象の悪い店舗は応募者に逃げられてしまいます

第一印象の悪い店舗は応募者に逃げられてしまいます

加藤 お店が忙しいと、つい目の前のお客様を優先してしまいがち。でも、忙しいことを理由に電話を切られて、求職者がかけ直してくれることはまずありません。加えて、ぞんざいなタメ口は、下に見られたような印象を残し、応募者の気分を害す可能性も。お客様ではないからと優先度を下げて考えるのではなく、「アルバイトに応募してくる電話」は「お客様からの予約の電話」と同じくらい重要だと考えましょう。

OK

求職者「あの、求人を見て連絡しました。応募したいんですけど……」

店長 「ありがとうございます。お名前をお聞きしてもいいですか?」

求職者「○○です」

店長 「○○さん、面接の日時はいつ頃がよいでしょう?」

武笠 時間がない場合は、もちろん「○時頃、こちらからかけ直します」でOKです。とはいえ、その場合は一刻も早くかけ直すよう心掛けて。待たせている間に、別の店舗に応募されてしまうのを防ぐこともできます。これらはメールで応募の連絡を受けた場合も同じです。

【次のページ】応募者は人間関係もチェックしている!

1 2 3 

ページトップへ

応募数を増やしたい!

応募改善記事一覧はこちら

面接率を上げたい!

面接改善記事一覧はこちら

採用成功したい!

採用成功記事一覧はこちら

定着率を上げたい!

定着改善記事一覧はこちら

お役立ち資料ダウンロードLIBRARIES

一覧はこちら

平均時給レポート

最新の平均時給レポートはこちらから無料でダウンロードできます

労働市場データ

最新の労働市場データはこちらから無料でダウンロードできます

雇用契約書等ひな型

雇用契約書などのひな型はこちらから無料でダウンロードできます

ポスターテンプレート

求人ポスターのテンプレートはこちらから無料でダウンロードできます

セミナー・イベント情報SEMINARS AND EVENTS

一覧はこちら