アルバイト採用・育成に役立つ人材市場レポート「アルバイトレポート」 > 課題解決ノウハウ > 定着・育成 > 従業員満足度を重視し、急ピッチで店舗展開する「串カツ田中」 (2/2)

従業員満足度を重視し、急ピッチで店舗展開する「串カツ田中」 (2/2)

03 スキルとやりがいを向上させる「串カツ検定」

同社では、2013年から「串カツ検定」という社内制度を実施している。これは10種類の串カツを揚げるスピードと、仕上がりの美しさを評価するインセンティブ制度。上から師範、初段、1級~3級と5つの等級があり、それに応じて報酬(5,000円~3万円/月)が支給される仕組みだ。正社員に限らずアルバイトも参加可能で、現在は年に2回実施しているという。各店舗から毎回約50名のスタッフがエントリーして、業務を通じて磨いた腕前を競っている。

「ネタの大きさや衣のレシピ、揚げ時間などは決まっているのですが、串カツの揚げ方マニュアルはありません。こればかりは、先輩から教えてもらうほか、横で見て学ぶしかない。調理経験の有無はあまり関係なく、かえって未経験のほうが早く昇級するケースもあります」

スタッフの技術とモチベーションを向上させる「串カツ検定」

スタッフの技術とモチベーションを向上させる「串カツ検定」

まだ最高位の師範を取得者はいないものの、6名の初段取得者が誕生している(2015年2月現在)。背中に「串職人」の金文字が入ったオリジナルデザインのTシャツがその目印だ。「串カツ検定」は店の味を守ると同時に、スタッフのスキル向上とモチベーションアップにつながっているようだ。

また、接客や店舗運営の教育では、現場でのオペレーションを学ぶ前に、アルバイト初日は座学形式で「串カツ田中」の理念や経営方針などを教えているという。単にオペレーションを覚えれば一人前というのではなく、なんのためにやるのか、どういった目的があるのかなど、行動の意味づけやマインドの部分を強調した指導が特色となっている。

「例えばお客さまをお見送りするのも規則で決まっているから行うのではなく、『自分がお客さんの立場ならお見送りされたらうれしいよね』といった指導を行っています」

ページトップへ

04 さらなる店舗展開のため、スタッフ教育を強化

2015年は直営店とFC店を15店舗ずつ出店する計画で、計100店舗まで拡大を目指す「串カツ田中」。その出店ペースはますます加速するばかりだ。

さらなる店舗展開のために、スタッフ教育にも余念がない。まずは、同社の業務の標準化を支える運営マニュアルを見直す。現状、オペレーションごとに写真と文章で説明するスタンダードな分厚いマニュアルブックをすべての店舗に1冊ずつ置いているが、より細かいニュアンスがスタッフに伝わるように、動画を活用した新しいマニュアルの導入を検討中だという。

「完成すれば、レシピや調理の仕方、接客なども含めて、デモンストレーション動画を見るだけで理解できるようになりますので、より効果的かつ効率的なスタッフ教育ができるようになると思います」

加えて、アルバイトを含めた新たな人材教育や研修カリキュラムも構築中だという。アルバイトスタッフを中心とする「人材」こそが最大の経営資源である同社では、成長を支える土台づくりも急ピッチで進んでおり、今後の成果が期待されている。

ページトップへ

 1 2

応募数を増やしたい!

応募改善記事一覧はこちら

面接率を上げたい!

面接改善記事一覧はこちら

採用成功したい!

採用成功記事一覧はこちら

定着率を上げたい!

定着改善記事一覧はこちら

お役立ち資料ダウンロードLIBRARIES

一覧はこちら

平均時給レポート

最新の平均時給レポートはこちらから無料でダウンロードできます

労働市場データ

最新の労働市場データはこちらから無料でダウンロードできます

雇用契約書等ひな型

雇用契約書などのひな型はこちらから無料でダウンロードできます

ポスターテンプレート

求人ポスターのテンプレートはこちらから無料でダウンロードできます

セミナー・イベント情報SEMINARS AND EVENTS

一覧はこちら