アルバイト採用・育成に役立つ人材市場レポート「アルバイトレポート」 > 店長お役立ち情報 > 【従業員の「やりがい」を高めるための、やさしいドラッカー入門】後編:フィードバック分析で「強み」を知る – Planning Factory PSYCHO 代表 中野明

【従業員の「やりがい」を高めるための、やさしいドラッカー入門】後編:フィードバック分析で「強み」を知る – Planning Factory PSYCHO 代表 中野明

前回は、「企業の存在理由であるミッション(使命)を語れることの必要性」と「ミッションに基づいた仕事の満足感が、仕事のやりがいを高めることにつながっていくこと」をお伝えしました。では、個々の従業員のやる気に火をつけるためには、具体的にどうしていったらいいのでしょうか。前回に続いて、中野明さんに解説していただきました。

~企業のミッションから従業員一人ひとりの使命を導く~

従業員に大所高所から企業のミッションを説いたとしても馬耳東風になりかねません。これを避けるには、企業のミッションとスタッフとの関わりを理解させる必要があります。

企業組織を考えてみると、そこには多くの人材が集っています。企業が多くの人材を必要とするのは、企業が掲げたミッションを一人の人間で達成するのが困難だからです。

また複数の人材が寄り合って、より高い成果をアウトプットしようと思うと、仕事を分担する方が効率的です。こうして本部やエリアなどのセクションが生まれます。また、これら個々のセクションでも仕事を分担した方が効率的ですから、店舗やその下の各担当が生まれることになります。

このように考えると、組織のどのセクションも、企業のミッションという一本の線で結び付いていることがわかります。ただし、個々のセクションは、企業のミッション達成のすべてに責任をもつのではありません。分担された特定の分野について責任をもちます。たとえば、店舗にも企業のミッションと結び付いた、そのチーム固有の責任があります。これはそのチームのミッションにほかなりません。

仮に皆さんが店舗のマネジャーだとしたら、店舗の従業員に対して、まず企業のミッションと結び付いた自店のミッションについて説明する必要があります。その上で、自店の目標を達成するために、個々の従業員がいかなる関わりを持っているかを明らかにする必要があります。

~「強み」の強化で従業員の「やりがい」は高まる~

個々の従業員の責任を明らかにするということは、彼らがどのような領域で「何を」するのかを明らかにすることです。いわば活動対象の明確化です。

対象を明確にしたら、次はそれをどの程度達成するのか、この点を明らかにしなければなりません。さらに、それに加えて期限も明らかにしていく必要があります。「いつまでに」それを達成するのかということです。

このように「何を」「どれだけ」「いつまでに」を明らかにすることで、個々の従業員の目標がはっきりします。とはいえ、目標を与えっぱなしではいけません。この点に関してドラッカーは、「自分の強み」に注目したフィードバック分析の重要性を繰り返して言及しています。

フィードバック分析とは、当初の目標と実際の結果を比較する作業です。この活動を、1週間や1ヵ月、3ヵ月などの期限を切って定期的に実行します。そして当初期待したものと結果を比較して、「よくできたものは何か」「できるはずなのにやらなかったことは何か」「お粗末だったものはなにか」、これらの点について検討します。

その上で、次の三つを明らかにせよとドラッカーは言います。

(1)集中すべきことは何か

 (2)改善すべきことは何か

 (3)勉強しなければならないことは何か※

※ピーター・ドラッカー、中内功『創生の時』(1995年、ダイヤモンド社)P38

集中すべきこととは、「よくできた」ものについて「さらによくできるようにする」ことです。「強み」をさらに強化することと言い換えてもいいでしょう。その上で、その強みをさらに強化するために改善すべきこと、勉強することを考えます。そしてこれを次の目標に設定して、一定期間をおいて再びフィードバック分析を実行するわけです。

これを繰り返し実行することで、個々の従業員の「強み」がどんどん強化されるでしょう。それが彼らの大きな自信になり、やりがいを高めることにつながります。そして彼らの自信は、チームの成果に大きく貢献することになるでしょう。

【従業員の「やりがい」を高めるための、やさしいドラッカー入門】前編はコチラ

中野明 / Akira Nakano

Planning Factory PSYCHO代表。1962年、滋賀県生まれ。立命館大学文学部哲学科卒。関西学院大学、同社社大学の非常勤講師を歴任。経済経営、情報通信、歴史の分野での著述を主に行う。主な著書に『ドラッカー流 最強の勉強法』(祥伝社)、『裸はいつから恥ずかしくなったか』(新潮社)、『腕木通信 ナポレオンが見たインターネットの夜明け』『岩崎弥太郎「三菱」の企業論~ニッポン株式会社の原点』(朝日新聞出版)など。また、『今日から即使える! ドラッカーのマネジメント思考』(朝日新聞出版)は、iPad向け電子書籍として発売3日で1000ダウンロードを超えた。中国語や韓国語に翻訳された著作は、10作品を超える。オフィシャルWebサイトはこちら

最新著

『17歳からのドラッカー』(学研パブリッシング)。

『17歳からのドラッカー』(学研パブリッシング)

ページトップへ

応募数を増やしたい!

応募改善記事一覧はこちら

面接率を上げたい!

面接改善記事一覧はこちら

採用成功したい!

採用成功記事一覧はこちら

定着率を上げたい!

定着改善記事一覧はこちら

お役立ち資料ダウンロードLIBRARIES

一覧はこちら

平均時給レポート

最新の平均時給レポートはこちらから無料でダウンロードできます

労働市場データ

最新の労働市場データはこちらから無料でダウンロードできます

雇用契約書等ひな型

雇用契約書などのひな型はこちらから無料でダウンロードできます

ポスターテンプレート

求人ポスターのテンプレートはこちらから無料でダウンロードできます

セミナー・イベント情報SEMINARS AND EVENTS

一覧はこちら